パタカラとは、お口やその周りの筋肉の衰えなどの原因でおこる
様々な悩みを解消するための人気アイテムです。



◆SAS(睡眠時無呼吸症候群・Sleep Apnea Syndrome)

睡眠中に一時的な無呼吸状態を断続的に繰り返してしまい、
深いノンレム睡眠に入れず、脳がゆっくり休めなくなってしまう。
結果として、日中に寝てはいけないような時(仕事中や車運転中)に眠ってしまったり
最悪の場合、睡眠中に呼吸が数分間停止してしまい死に至ることもあります。

この病気は、症状の軽い人を含めて国内では3〜5%の人がかかっていると言われています。
総人口1億2000万人と考えれば360万〜600万人という計算になり、他人事ではありません。

この一つの原因として、いびきや歯軋りが挙げられています。


パタカラ登場
   
  上記「SAS」が引き起こす様々な症状の対策として作り出されたのがこのパタカラです。

ユーミー キット内容 写真は、パタカラ「ユーミー」です。

「パタカラ」・・・TV等メディアで話題にされたことがあるのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
このパタカラを使用することによって、上記睡眠時無呼吸症候群の原因の一つである
いびきや歯軋りを治すことが出来るのです。
   

パタカラの効果
   
  正直、このようなおもちゃみたいな道具でどこまで効果があるのか??と疑問になるかと思います。
しかしこのパタカラは、様々なお口まわりの不調を改善してくれるのです。

代表的な効果として、
 ★ いびきや歯軋りを改善させる
 ★ 口呼吸が鼻呼吸に変わり口の中の乾燥を防ぎ、喉や歯肉の炎症・口内炎・口臭の予防になる
 ★ 噛む力、飲み込む力が回復する
 ★ よだれが無意識に出ることの回復
 ★ 発音がハッキリする
 ★ 入れ歯が安定する
 ★ 表情豊かになりフェイスラインがすっきりして顔がスリムになる
 ★ etc............


簡単に挙げただけでもこれだけの効果が見つかっています。
   

効果の理由
   
  では、何故このような効果が出るのでしょうか?

パタカラを使用することによって、普段あまり使用することのない口輪筋が鍛えられます。
すると、無意識脱力状態でも口がしっかり閉じて、口呼吸が鼻呼吸に変わり、
口呼吸に伴う疾患やイビキ等が解消されるのです。
また、よだれが止まったり発音がハッキリしたり、顔の筋肉が引き締まってフェイスラインが細くなります。
口輪筋が鍛えられることによってもたらされる効果は数多く存在するのです。
そして文頭でご紹介したSASも、これによって改善されることが多く報告されています。
   

毎日簡単
   
  いくら効果があっても、使い方が面倒では長く続きません。
やり方は至って簡単で、パタカラ「ユーミー」を口に装着して静かに唇を閉じます。
これを一回2〜4分、一日2〜4回おこないます。 これだけです。

もし、つらかったら時間を短くしたり回数を減らして下さい。
無理をすると疲労が蓄積したり、口の中を傷つけたりするかも知れません。
自分のペースで無理なくトレーニング出来るのがパタカラの良いところです。
慣れてきたら所定のトレーニング法に近づけていきましょう。

他の筋力トレーニングと同じく、すぐに効果が出るものではありませんが、
数ヶ月〜半年おこなえば、確実に効果を感じることが出来るハズです。
   

パタカラシリーズ
   
  パタカラには上でご紹介した、
パタカラ「ユーミー」
パタカラ「ユーミー」の他に、



ほ乳瓶乳首(ピジョン製品ならどのサイズでも対応)の中に
セットして使用する 赤ちゃん専用の「つぐみちゃん」
つぐみちゃん
平均10日(個人差はあります)ほどで口をつぐんで
仰向けで眠れるようになると言われています。



ペットボトルの飲み口に装着して口輪筋を鍛え、
気付かぬうちにトレーニングが出来る「ちゅうLIP」
ちゅうLIP
唇に力を入れてつぐまないと中身が出てこない構造になっているので、
結果として口輪筋を鍛えることになります。



以上の二種類も用意しております。  目的用途にあったものをお選び下さい。
   

おわりに
   
  口の不健康は体全体に影響を与えます。
是非試してみてはいかがでしょうか?

きっと満足の出来る結果になることと思います。

尚、パタカラについては様々な解説サイトが運営されています。
興味がおありの方はいろいろ調べてみて下さい!
   
 トップページへ